FC2ブログ

戦場カメラマンのはなし

「世界からのメッセージ
 ?平和と命の大切さ?」

戦場カメラマン、渡部陽一さんの講演を聞きました。

講演と言っても、壇上で延々と話すのではなく、
舞台全体を使って、歩いたりしゃがんだり、体を動かし、
身振り手振りでお話しされました。

内容は
1.なぜ戦場カメラマンになったのか。
2.なぜ戦争が起きるのか。(写真をスクリーンに映しながら)
3.質疑応答

お話は、公式ホームページでも公開している内容でしたが、
身振り手振りと臨場感あふれる生の声が、
ドキュメンタリーを芝居で見ているようで、心に響きました。

ホームページはこちらです→ 戦場カメラマン 渡部陽一公式サイト

質疑応答では3人の方が質問されました。

小学生の女の子の質問
「渡部さんは戦争をしているところに行くのは怖くないですか?」

20歳の戦場カメラマン志望の男性
「自分も戦場カメラマンになることを心に決めているが、素人が現地に入る時の手順はありますか?」

大人の男性の方
「まずはその国のことを”知ること”、とのお話しがありましたが、知った後で、日本にいる
私たちにできることは何ですか?」

渡部陽一さんは、どの質問にも丁寧に答えておられました。

講演会に来られていた方は、幅広い年齢層。
小学生のお子さんと一緒に家族で来られている方も多くおられましたが、
90分のお話をじっくり座って聞いていましたよ。

通常、小学校の授業は50分ほどだと思いますが、子どもを90分間集中させた上に質問まで
させてしまう・・・。
渡部さんの本気で真剣な姿勢は感動を呼びます。

機会があれば、是非ご家族でお出かけください。

さて、一つだけ質問の返答を書いて終わります。

Q:「日本にいる私たちにできることは何ですか?」
A: 「募金をすることです。
  以前、募金したお金が本当に届いているのだろうか、
  カメラマンとして募金を追いかけたことがあります。
  すると、募金が日本からアフリカに行き、
  ガーナの学校がなかった森の子どもたちの制服代に
  なりました。  募金を追いかけたらガーナについた。
  それ以来、募金に積極的になりました」

会場には東日本大震災への募金箱も設置されていました。
カメラを持って現地入りしている方の募金箱、真っ先に届くことを信じて託します。


そして・・・
私が、今日お勧めしたい1冊はこれです。

絵本 『小さなリース』

ルーマニアでの実話をもとに書かれた絵本です。
女の子が毎日お花のリースを作って届けている相手とは・・・。


テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

*コメント

非公開コメント

        
*プロフィール

花*Cerca

Author:花*Cerca

名古屋市内でフラワーとクレイの教室を開いています。

http://87cerca.web.fc2.com/

        
*レッスン受付中!
名古屋市内でお花とクレイのレッスン。
        
*日本語→英語 自動翻訳
        
*カテゴリ
        
*カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
        
*最新記事
        
*記事から探す
気になるアレンジ名を入力して「検索」をクリックしてください。
        
*最新コメント
        
*FC2カウンター
        
*月別アーカイブ
        
*読書カレンダーBLACK
Ciao!☆*(o^-')花*Cercaです。 毎日、本に囲まれて過ごしています☆ 人生を豊かにしてくれる1冊との出会いが みなさまの上にもありますように。
        
*リンク
        
*PIXTA
シャシンデカセゴウ
  写真素材 PIXTA
        
*RSSリンクの表示
        
*ブロとも申請フォーム
        
*最新トラックバック
        
*QRコード
QRコード
        
*FC2アフィリエイト
        
*マウスについてくる星